スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7.5/8  この大切さを思う 

【お知らせ】


PCに問題が生じ、復旧に手間取ってブログの更新も後回しになってしまいました。



ここまではまだ良いのですが、最近サーバーから落としたメールとアドレスを全て失うハメになってしまいました。


返信が途絶えてしまっている方々、申し訳ありません。


再度メールを下されば対応させて頂きますのでよろしくお願いいたします。



*************************



さて本題




7.5/8




分数です。


「8分の7.5」と読んで下さい。





これ、何の数字だか分かります?



約分せずに 22.5/24 (24分の22.5)と書けば分かりますかね?




今日は、そんな話です。

この記事の続きを読む↓↓OPEN

スポンサーサイト

誰があなたの主人なのか 

同僚のAさんが、急に冷たくなりました。



私は思い切って、そのわけを聞き、直せるところは直しました。


しかしAさんは冷たいまま。


私はまた思い切って聞きましたが、今度は無視されるようになりました。


私は、どうすればいいでしょうか?






もうおひと方




睡眠薬の、依存と離脱症に困っています。


お医者様にも相談せずに勝手にやめ、踏ん張りきれず、

お医者様に相談して、結局薬を飲み続けることにしました。





この2つの相談、全然別の問題のようでいて、実は似かよった問題なんですね。




ちょっと気づけば解ける問題。     同じ場所で引っかかってます。



というわけで今日は、そんな話を。

この記事の続きを読む↓↓OPEN

辛さを引きずらないために 

離婚協議がやっと終わりました!



と、クライアントさんから連絡がありました。




ながさんにも言えなかったけど、

夫を殺してしまいたいと思ったこともありました。


私、何で結婚しちゃったんだろう・・・・



と、メールには書かれていました。




おやおや? と思いました。




「物騒なこと」 が書いてあるのが引っかかったわけではありません。



それはね、仕方がないんです。   思うまではいいんですよ。



それこそ、クライアントさんにしか分からない辛さ・苦しさの結果です。





でも、 「何で結婚したんだろう」 は、ちょっと心配だなと思いました。



辛さが尾を引きそうな気がしたからです。





じゃあ、辛さが尾を引かない、引かせない為には何が必要なのか?




今日は、そんな話です。

この記事の続きを読む↓↓OPEN

スタートラインが、見えますか? 

お子さんを亡くした方からメールを頂きました。



「お子さん」でいいのかな?   流産だったそうです。






悲しい時は、とことん悲しむのが良いと思います。




でも悲しんだ後に、虚脱感というか、全てが空虚に感じられる時期が来ます。



この方もだったんですね。



それで、このままウツになっちゃうんじゃないかと心配してメールをくださいました。






うん、大丈夫。 そんな心配はありません。




誰でも、いきなりショックから立ち直っていきなり走りだしたりはしませんからね。



空虚な日々があっても、仕方のないことです。






こんな時、私はご相談者さんに、いつも似たような話をします。




今日はその話を、ちょっと書いてみます。

この記事の続きを読む↓↓OPEN

生き方が分からなくなった方へ 

「一生懸命考えていたら、生き方が分からなくなりました」と、

あるクライアントさんにと言われました。



うん。無理も無いですよね。


だって、考えると難しいんだもん。




例えば、あっちの本には、こう書いてあります。


「お前はその程度で終わるのか? それで本望なのか? さあ、ガンバレ! 苦しくてもあきらめるな!」





こっちの本には、こう書いてあります。



「お前が人生に求めたのは忙しさか? お前がやっているそれは、たとえ明日死んでも、人生を楽しみ抜いたと言える生き方か?」



困った事に、どっちも一理あるような気がするから、迷います。




でもね、もっと確かな答えもあるんです。



「どう生きたら良いのか?」という問いへの、確かで納得の行く答えです。




今日は、そんな話です。
  

この記事の続きを読む↓↓OPEN

不遇の原因は何か 

「『人の不幸の原因は心の持ちようだけだ』という考え方があります
 


 私もそう思い、自分の考え方を変えるように頑張ってきました。




 でも私は長年、同じような境遇から抜け出せずにいます。




 ながさんも、不幸の原因は心の持ちようだとお考えですか?」




 
というご質問を頂きました。







そうですね。



私もその考え方に、おおむね賛成です。






自分の店の売り上げが落ち込んだとき、「不幸だ」と考える人と「商売の見直しの機会だ」と考える人がいます。




それは確かに、考え方の問題かも知れませんね。







でも、不幸にはいろいろあります。



『長く続く不幸』の原因は、また別の所にあると思っています。






今日はそんな話です。


この記事の続きを読む↓↓OPEN

落ち込むにはまだ早い 

人生、たまにマイナスでもいいと思うんです


でも、マイナスが続くと落ち込みます


私はもうずーっとマイナスなので、どうしたら良いのかと・・・・






っていうご相談がありました。




「私にご相談してくださるキッカケになった、『最新のマイナス』は何ですか?」




と質問したら、「バイトで本当に恥ずかしい失敗をして立ち直れません」 との事でした。







マイナスが続いたとき、みなさんならどうしますか?




今日はそんな話です。

この記事の続きを読む↓↓OPEN

人生を、笑う 




この前、ちょっと恐い隣人トラブルの話を聞きました。



何でも、ご近所の2軒が土地の境界でモメて、傷害事件にまでなっちゃったそうです。






私は知らなかったんですが、土地の境界問題って、全て当事者同士で決めるんですって。




法律云々じゃないの。


話し合い。




モメたら裁判しかない。





で、泥沼化してついに一方が、カマを片手に話し合いに行った・・・と。






まあ、当事者にとっては深刻です。



先祖代々、子々孫々の問題ですからね。






でも、カマを振り回す前に、何とかならないかと思うわけです。



というか、何とかするべき。





そこで今日は、何とかする際のコツについて書いてみます。

この記事の続きを読む↓↓OPEN

大切なあずかりもの 

無題



今日は、すごく大事な事を書こうと思います。




というのは、前回の記事に、ある方から質問をいただいたからです。





要約すると


人を喜ばせようと思うと、何で力が出るんでしょう?

人間って不思議ですね   



という内容でした。





これ、私も一時真剣に考えたテーマなんです。




人は人を喜ばせるのが好き

↓ ↓

何で?

↓ ↓

人が愛を持っているから

↓ ↓

何で?

↓ ↓

何で??????????




何で人はそうなってるの?



分からないから、たくさん本を読みました。




で、答えが見つからないから諦めていたんですけど、答えてくれた人がいました。



武者小路実篤さん。



「人生論」という本です。




上下巻あわせて1000頁以上あるんじゃないかなという、ブ厚い本です。


(あ、読みやすい本ですよ。 ヒルティーの幸福論のように、苦戦した記憶がありません)






人は何故、人を喜ばせたいと思うのか?


人は何故、愛するのか?



今日は、そんな話です。

この記事の続きを読む↓↓OPEN

わたしたちの救世主 

先日の「お知らせ」に、思わぬ反響を頂きました。


思わぬ方、懐かしい方からご連絡を頂いたり・・・。


感謝、感謝です。\(^o^)/





さて今日は「救世主」のお話。



救世主・・・メシア(Messiah)・・・・怪しい響きのある言葉かも。




とにかく、ヒトが困ったらそのメシアさんが現れて、助けてくれるらしいんですが・・・



どうも助けてもらう時のルールがあるらしいんですね。





天は自らを助くる者を助く (Heaven helps those who help themselves.)



それがルールらしいんです。 ただひとつの。





今日は、そんな話です。










この記事の続きを読む↓↓OPEN

自尊心向上の入り口 

珍しく、男性からメールが来ました。



さらに珍しいことに、学生さんです。



「自尊心が低いので、どうにかしたいんです。 良かったら、役に立ちそうな本を紹介して下さい」

という感じのメールでした。




うーん・・・・と悩んだ末に、一番良さそうな本を紹介しました。



「読んでも答えが見つからなかったら、またメールくださいね」と書き添えて・・・。






本当はね、どんな本を読んだって自尊心は高まらないんですよ。



相手が私くらいの世代の人になら、すぐそう言うところです。


「本では無理だと思いますよ」と。





でも、若者には絶対的に経験が必要です。



経験のないことを、「どうせ無理です」と耳から聞いただけで、分かるものでもありませんからね。





だから、読んでもらいました。


もちろん、いい本ですよ。読んで損するようなことは、万が一にもありません。





そして、やっぱりメールが来ました。   「すごくためになりました」と。


で、私が「もう自尊心はバッチリ?」と聞くと、「もう少しで分かりそうな気がするんですけど」という話。




私は、自尊心を高めるための入口について、説明をしました。


今日はそのことを、ちょっと。




この記事の続きを読む↓↓OPEN

ダメ元のススメ 

「ダメ元でやってみるのは、どうですか?」


そう言うと、怪訝な顔をされることがあります。




そりゃそうですよね。



もうアドバイスの範囲に収まってない感じ、します。




どうにでもなれ! みたいな


ゴルフで言うと、文句のつけようがないOBゾーン。・・・・・そこを目指してる感じさえする。



ダメで元々・・・・・そらそうやけど、当たり前すぎるやろっていう話です。





私も一時期、ダメ元論の否定派に回ったことがあります。



ダメ元を超えた創意工夫が、人生の楽しみなんだろうなあと思っていたからです。




でも今は、すっかり考えが変わっています。



今日は、そんな話を。



この記事の続きを読む↓↓OPEN

坂道を登る 

コーチング研修の中で、「アクティブリスニング」というのが出て来ます。


日本語にすると、「積極的傾聴」。


中身を明かせば、「オウム返し質問」です。





カウンセリングは、「聞きっぱなし」が基本。



で、信頼関係が出来てくると、質問もよく使われるようになります。


アクティブリスニングも、よく使うんです。



ところがですね、カウンセリングでは、オウム返しを多用していると、袋小路に入り込む事が良くあるんですね。





「もう本当にうまくいかないんですよ」



「あ、そう。うまく行かないんだ」



「そうなんです。もう何もかもうまく行かないんです」



「何もかも?」



「そう。何もかもです」   



「何もかも・・・・そうですかぁ」   ・・・・・という感じ。(汗)





知らない間に、出口の見つからない所まで来ちゃうんですね。




しかーし。


そんな時、そこを抜け出すのに役立ってくれる質問があるんです。  ちゃんと。



今日は、そんな話です。


この記事の続きを読む↓↓OPEN

心を鍛える、唯一の方法 

『私、打たれ弱いのが悩みなんですよ。

心を強くするっていうか、鍛えるような方法って無いですか?』




と聞かれたんですが、・・・・困りました。




打たれ強くなる方法・・・・・・無い (T_T)



打たれ強い人も居ませんしね。 ごくマレにしか。



打たれ強いと思われている人は居ますけど、そんな人こそデリケート。 そんなものです。





そもそも、無意味に打たれ強いってあんまり望ましくないと思いません?



誰に何を言われても 「はあ? 何か言った?」      ・・・・・ねえ (^_^;





で、打たれ弱いのが正常なんですけど、心を鍛える方法は存在するんです。


今日はそんな話を。


この記事の続きを読む↓↓OPEN

深刻な問題を抱えたら 

すごく大切にしているものがあります。




いくつもあるんですけど、仕事を通して得る宝物・・・・それは・・・・・


「研修アンケート」です。




私の仕事を評価していただく、ほぼ唯一のツール。



いろんな事を書いて頂ける、すごく嬉しくありがたいものです。





先日、こんな事を書いてくださった方がいました。



「ながさんは、私からするとすごく深刻な事を、何でもない事のようにアッサリ仰いますね。

いろんな学びがありましたが、そこだけが、心に引っ掛かりました 」






そういうのを読むと、私は凄く勉強になるんです。 欠けていたものに気付く事ができるから。



ああ、でも出来ればこの方とお話をしたかったです。 「深刻な事」の対策について。






深刻な事が起きたとき、みなさんは、その事をどんな風に処理しますか?



今日は、そんなことについてチョットだけ。


この記事の続きを読む↓↓OPEN

のこしたいもの・そうでないもの 



ごぶさたしてます。



自らインターネット中毒を自覚したので、ネット断ちをしておりました。



メール以外開かない生活・・・・は無理でした。


リハビリはすこぶる順調です。 あはは。






ところで、FXっていう言葉を、最近よく見かけませんか?


エフエックス=外国為替証拠金取引





凄いんですよ。最近。   ・・・・・金融商品の勧誘の電話が。



いえ、電話だけなら良いんですけどね。


来るんですね。直接会いに。




私はドラエモンのようにお人よしなので(ウソ)、来ちゃうと無下にインターホンだけで断れない。




「FXとかだったら、興味ないので・・・・」


「え? ・・・・・ああ、・・・・あの、それは?」


「あの手の金融商品は間違ってるから嫌いです」


「・・・・・・・」





「株の方がまだ好きです。」



「・・・・・・・」




・・・・「困ったなあ、これだから素人は・・・」という顔をしてる。(笑)





そう、シロート。



・・・・だって、玄人になれるような資産はございません。(^-^)





結局、私の反応がドラエモンのように温かくないので、悲しい顔をして、お約束のリーフレットを置いてお帰りになりました。



悲しい顔をされると悲しくなるので、来て欲しくないんだけどなあ (>_<)





ところで、ゼロサムゲームって知っていますか?



今日はその話をプチっと。


この記事の続きを読む↓↓OPEN

問答無用なのだ 



「こっちが嫌がることをやってくる人と、ちゃんと関係を築けるものでしょうか?」


と、質問を受けました。





聞けば、彼氏さんの事なのだそうです。




彼女が気にしていることを言って来るんですね。






「やめて」と言ってもダメ。  「何で? 別に良いじゃん」 と返ってくる。





「何で? って言われると、返答のしようが無いんですよ」 と彼女はいいます。





こんな時、あなたならどうしますか?





今日は、そんな話です。

この記事の続きを読む↓↓OPEN

生きにくい・・・・と思える理由 


まだ20代前半の女性が、研修会場でご相談に来られました。




その女性が言われました。


「この世の中は、生きにくいです。」





辛かったんですね。 すごく辛かったのだと思います。



どんな状況だったかが、「生きにくい」っていう言葉に現れています。





生きにくいっていう時には、「ある共通する要素」が必ずあるんですね。




今日はその、生きにくさをもたらす「ある要素」の話です。







この記事の続きを読む↓↓OPEN

生きる理由、頑張る理由 

更新がおぼつきませんでしたが、ようやく休みです。


忙しいのも有難いし、休みもまた有難いですね。(^-^)/






自分の「使命」を見つけるってすごく幸せなことですね・・・・という話を以前書きました。



そのことについてご質問のメールが来ていましたので、この場をお借りしてお答えしますね。




ご質問を要約すると、「使命は自分で探すものか、それとも自然に見つかるものか?」という内容でした。



自分の使命を感じながら暮らすことに憧れる。

でもそれが見つからなかったら・・・・。


そう考えると不安だと仰るのです。





この不安感って、私はものすごくよく分るんです。



私にも「何の為に生きているのか」「何で頑張らなきゃいけないのか」って自問自答していた時期がありますので。




でもその答えは、見つけてしまえば簡単な事でした。


それがまさに「使命」の部分ですよね。





今日はそんな話です。




この記事の続きを読む↓↓OPEN

DNAを聴いたなら 

デボラ・スタイベックが発案した「デボラテスト」というのがあるんですよ。



まな板より小さめの、硬い板を想像してみてください。


その上に、①筒が1本と ②球が1個乗っています。



その板を操作して、筒を転がして指定の場所に移動します・・・・ただし、板の上の球を落とす事なく、です。





大人でも難しいこのトライ、実は、子供にやらせるために開発されたものなんですよ。


これを4~5歳児にやってもらうと、どうなると思いますか?




今日はそんな話から。



この記事の続きを読む↓↓OPEN

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。