スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自信がない時に頼るべきもの 

今回は、学生さんからのご相談です





あと1ヶ月で、学生生活も終わり、社会人になります。



ありがたいことに苦労せずに就職先は決まったのです。



が、正直自信がなく、逃げ出したい気分です。





就職先は実力主義で、「収入は創造力次第」 という会社です。



自分は勉強は出来るのですが、創造性には全く自信を持っていません。



どうやったら自信が持てて前向きになれるでしょうか?







今日は、そんな話です。






成長に必要なのは、自信ではなく謙虚さです




自信なんかどうでもいいじゃないですか。



「自信を持つこと」 が、本当のあなたの目的ではないんでしょう?






と、私はよく言います。





それより、 謙虚さを手放さないで下さい。



それさえ持っていれば、どんな高みにでも登って行けますよ! と。





自信というのは、 “欲しい時には存在しないもの” なのです。




どこをどう探してもない。 



現に欲しがっている自分がここに居るんですから、それ以上の証拠はありませんよね。  



手元に無いから探しています。





だけど、手元にあればいいのかというと、そうでもないんですね。





往々にして、自信は成長を妨げます。




自信が芽生えた所で成長もひと休み。  普通はそうです。






「今度、人生初のプレゼンをするんです」



って言う時に、誰も自信なんか持っていませんよ。 誰でも。



持っていたらそれは、自信じゃなくてカンチガイです。






で、自信がないから、練習するんですよね。




自信の無い人ほど、一生懸命練習します。



自分は下手っぴに違いないと思う人は、何度も何度も何度も練習します。









自信というのは元々、短いスパンで持とうとするようなものではないんですね。




「次のプレゼンのための自信」 だったら、 無くてもいいものなんです。




でも、全然全くなーーーんも自信がないというのも、落ち着きませんね。




だから、持ちましょう。   



もっと長いスパンの、本来持つべき自信というのが、ちゃんとあるんです。






“ジグザグに登っていく自分”   をイメージしてみて下さい。




スマートな直線じゃないけど、



山あり谷ありミスあり休憩ありだけど、




でもあきらめないで登っていく自分です。 





謙虚さだけは忘れず手放さず、僕は登って行こう!




そんなイメージで、スタートラインに立ちましょう。





自信を持つために、誰かを負かす力は要りません。



ただ自分との約束が出来れば、それで充分なのです。



この記事があなたのお役に立てたかどうかを知りたくて、ランキングに参加していす。
↓いつも応援のクリック、ありがとうございます





繧ー繝ゥ繝輔ぅ繝・け繧ケ1_convert_20101101144023







コメント

おひさしぶりぶり

謙虚でいたいのですが、、周りが「ミケさんほど綺麗な人はいない」「クレオパトラの再来か?」なんて言うものですから、なかなかうまくいきません。

私より綺麗な人なんていっぱいいると思うのですが、どうやら世間にはいないようで・・

美しいって罪なのですね~ながさん☆

三毛姐さん

あー、そう言えば似てますよね、ク・・・クレオパトラに。
耳の穴の形なんかが、だいたい同じような感じですよね。だいたい丸いし。
指に指紋があるところも似てますねえ。
あと、髪の毛を顕微鏡で見るとそっくりです。多分。
似てるわあ姐さん。
知らんけど。(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medicare.blog56.fc2.com/tb.php/301-4ed22097

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。